ここから本文です。

更新日:2020年7月17日

エリアマネジメントに係る道路法の特例(国家戦略道路占用事業)
2016年9月9日域計画認定
2018年10月23日域計画変更認定

国家戦略道路占用事業とは

道路占用の現状

路は一般の自由な通行を本来の目的としていることから、道路の占用にあたっては道路管理者の許可を必要としているとともに、道路の敷地外に余地がないためやむを得ない場合(余地要件)にのみ許可をすることができる、と規定されています。

特例措置のポイント

家戦略特別区域会議が、国家戦略特別区域計画に、国際的活動拠点の形成に資する都市機能の高度化等に貢献する施設の道路上への設置について定め、内閣総理大臣の認定を受けた場合には、道路の占用許可にかかる余地要件が緩和されます。

国家戦略特別区域計画の内容

  • 国際的な会議、イベント等の関係者の利便性を向上させるような多言語看板、ベンチ、上屋等の道路上への設置
  • 国際的な活動に関連する居住者(グローバル企業等の勤務者やその家族)の居住環境を向上させるような常設のオープンカフェや無料巡回バスのバス停の道路上への設置
  • これらの施設を設ける道路の区域

占用許可基準の特例

  • 余地要件の適用を除外
  • 占用許可を受けた者は周辺の道路清掃・植栽管理等を実施

千葉市の実施目的

コンベンション機能を活用した魅力的な道路空間の創出
内初の本格的なコンベンションセンターである幕張メッセ内で開催される大規模かつ国際的な会議・イベント等の実施に合わせて道路空間を活用し、賑わいや魅力の創出による街の活性化を図り、MICE誘致を推進する。(事業主体:株式会社幕張メッセ)

実施エリア(国家戦略道路占用事業の適用区域)

幕張メッセ周辺道路およびJR海浜幕張駅前広場
道中瀬幕張町線(JR海浜幕張駅駅前広場(北口、南口)、国際大通り)、市道打瀬豊砂線(メッセ大通り)、市道中瀬線、市道中瀬7号線、市道中瀬8号線

エリマネ範囲

代表的な活用事例

CYCLEMODEinternational2018

イベント概要

世界中のスポーツバイクブランドの最新モデルが集結する、日本最大級のスポーツ自転車フェスティバル。
【来場者数】25,811人

本イベントにおける活用方法

第3回JBCF幕張新都心クリテリウム
公道を使用した自転車レースイベント(JBCF(一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟)のツアー最終戦)

【日付】2018年11月10日(土曜日)
【場所】幕張メッセ北側周回道路(市道中瀬線、市道中瀬7号線、市道中瀬8号線)

(当日の様子)

第3回幕張新都心クリテリウム

幕張新都心イルミネーション2019/2020

 イベント概要

日本一のミラーボールイルミネーションアーティスト集団による首都圏エリア最大規模のミラーボールイルミネーションオブジェ。
【来場者数】約320,000人

本イベントにおける活用方法

幕張新都心イルミネーション2019/2020 光と鏡のアートイリュージョン

JR海浜幕張駅の駅前広場を利用し、様々なモチーフのイルミネーションオブジェを設置。

【日付】2019年11月1日~2020年1月26日
【場所】JR海浜幕張駅駅前広場(北口及び南口)

(イベントの様子)

幕張新都心イルミネーション写真1幕張新都心イルミネーション写真2

このページの情報発信元

総合政策局未来都市戦略部国家戦略特区推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5346

ファックス:043-245-5551

tokku.POF@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)