ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 環境局 > 環境局長のメッセージ一覧 > 10月は「食品ロス削減月間」です。食品ロスを減らしましょう。

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年10月22日

10月は「食品ロス削減月間」です。食品ロスを減らしましょう。

皆さんは「食品ロス」をご存じですか?
「食品ロス」とは、本来食べられるにも関わらず捨てられてしまう食べ物のことです。
日本では平成30年度に、約600万トンの食品ロス(企業等の事業者から約324万トン、家庭から約276万トン)が発生したと推計されています(農林水産省(外部サイトへリンク))。

<千葉市の状況>

家庭から出る可燃ごみについて、どのようなものが出されているかを調査する「ごみ組成測定分析調査(令和2年度)」によると、約35%が生ごみでした。また、可燃ごみのうち1.6%が手つかずのまま捨てられている食品(食品ロス)でした。
千葉市の家庭から出る可燃ごみの量は、令和2年度で年間約16万2,000トンです。
ここから推計すると、千葉市の生ごみの量は5万6,000トン以上、そのうち約2,600トンの食べ物が、全く手をつけられていない状態で捨てられている計算になり、大変もったいない状況が発生していると考えられます。

<食品ロスを減らそう!ちょっとした心がけ>

そこで、一人ひとりが食品ロス削減のために、ちょっとした意識を持って行動する
ことがとても重要です。例えば、

  • 買い物に行く前に
    冷蔵庫の中身を確認しましょう。
    「消費期限」の近い食材を優先的に使って料理するのもポイントですよ。
  • 買い物に行ったら
    必要な分だけ買いましょう。
    安いからと言って、買い過ぎてはいけませんよ。
  • 料理をするときは
    食材を無駄なく使いましょう。
    食材の皮は薄くむくように心がけましょう。
    食べきれる量の料理を作りましょう。
  • 食事中は
    好き嫌いなく、おいしく食べきりましょう!
    好き嫌いなく食べることは、健康にもつながりますよ!
<食品ロスに関するワークショップを開催します!>

最後に、食品ロスに関心を持ってくださった市内在住・在学の高校生以上の学生の皆さまにお知らせです。
10月23日(土曜日)に、「食品ロス削減ワークショップ」をオンライン形式で開催します。講師は食品ロスを減らすための取組み「サルベージ・パーティ」(※)でおなじみの平井巧さんです。
一人ひとりができることを同年代の人たちと一緒に考えてみませんか。
※申込期間は終了しました。

※サルベージ・パーティ
サルベージとは「救出する」という意味で、家で余っている食材や使わずに眠っている食材を「救い出す」ために、みんなでそれらを持ち寄って料理し、できた料理をみんなでシェアする、食材のシェアパーティのことです。

 

皆さまの「ちょっとした心がけ」で食品ロスが減らせます。
引き続き、ごみの減量・リサイクルにご協力をお願いいたします。
【千葉市の食品ロス削減に関するページ】
https://www.city.chiba.jp/kankyo/junkan/haikibutsu/tabekiri.html

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所本庁舎4階

電話:043-245-5234

ファックス:043-245-5557

somu.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)