ホーム > 文化・スポーツ・生涯学習 > 文化芸術・博物館 > 文化財 > 金銅透彫六角釣灯籠(県指定文化財)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

金銅透彫六角釣灯籠(県指定文化財)

文化財の紹介

栄福寺にある釣灯籠です。

総高24.3cm、基盤の最大径25.0cm。鍍金の銅薄板で笠、火袋、基盤を作り、すべて鋲留めまたは差し込みで成形しています。笠は一枚の銅板で二段に甲盛りし、頂上には六葉座を設け、上に一辺が4cmほどの四角い銅版を敷き、さらにその上に小さめの請花を周囲に配した宝珠をのせて環台としています。火袋は六面の角面とも斜め格子地に九曜星文を透彫し、内一面を扉仕掛としています。

基盤の裏面に陰刻銘があり、千葉氏の一族である原胤栄により、天正二年(1574年)に妙見堂に寄進されたものとわかります。

文化財データ

名称 金銅透彫六角釣燈籠
ふりがな こんどうすかしぼりろっかくつりどうろう
指定(指定年度) 県指定(昭和60年)
区分/種別 有形文化財 工芸品
時代 安土桃山
所在地 若葉区大宮町
所有者 栄福寺
公開/非公開 非公開

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課

千葉市中央区問屋町1番35号 ポートサイドタワー11階

電話:043-245-5962

ファックス:043-245-5993

bunkazai.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)