ホーム > 魅力・観光 > 文化・スポーツ・生涯学習 > 文化芸術・博物館 > 文化財 > 千葉市指定文化財 > 木華開耶媛(このはなさくやひめ)(県指定文化財)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年6月19日

木華開耶媛(このはなさくやひめ)(県指定文化財)

文化財の紹介

木華開耶媛

※画像は千葉県教育委員会より提供

筆者である石井林響は、明治17年(1884)に千葉県山辺郡土気本郷町に生まれ、20世紀前半の中央画壇で活躍し、南画や中国主題の神仙趣味や人々の労働を幻想的な自然の中に描く独特な新しい日本画の作風を打ち立てました。上京して橋本雅邦門下に入り、明治35年(1902)には石井天風の名で第13回日本美術院絵画共進会に作品を出品しています。以来、大正9年(1920)に林響と名乗るまでが「天風」時代と称されています。

本作は「天風」時代早期の作品で、画家の若々しい筆致や意気軒高な進取の気風を見ることができる優品です。日本神話からの題材選択や主人公2人の心情表現の細やかさにみる物語的な志向は、明治末から大正へかけての浪漫主義の流れをよくあらわしています。本作は石井の初期の画風をよく示す作品であり、日本近代絵画史の上でも重要な一点です。

文化財データ

名称 木華開耶媛
ふりがな このはなさくやひめ
指定(指定年度) 県指定(令和2年)
区分/種別 有形文化財 絵画
時代 明治
所在地 中央区中央港(千葉県立美術館) 
所有者 千葉県
公開/非公開 特定日公開

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課

千葉市中央区問屋町1番35号 ポートサイドタワー11階

電話:043-245-5962

ファックス:043-245-5993

bunkazai.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)